転職サイト一覧

「おすすめ」実際に使って役に立った看護師転職サイト比較

看護師の転職エージェントをシンプルにまとめてみました。調べた対象が38種類ある中から、私たちがおすすめできるのは全部で10種です。

NURSE NOTEが考えるおすすめの看護系転職エージェントとは、看護の仕事を理解できて、より多くの求人情報から要望に合った求人情報を提供してくれる「人」だと思います。

この条件を満たす転職エージェントを探すために、複数の転職エージェントに登録してみて最も信頼できる転職エージェントに巡り合うのが成功のカギとなります。

おすすめの転職サイトTOP3

看護師転職成功のポイント

看護師の転職を成功させるには、以下のポイントを重視して本当に転職すべきかどうか考えてください。

①現状の課題を明確にする

例:人間関係、キャリア形成、重労働環境、離職ブランクなど

オチャッピー
オチャッピー
看護師の仕事は一般の業種の中でも重労働で精神的につらい仕事です。誰でもさまざまな悩みを抱えていると思いますが、その悩みを転職前に一度整理してみましょう。

②転職先候補の理想像を明確に描く

例:具体的な仕事内容、給与、キャリアパス、通勤許容範囲など

オチャッピー
オチャッピー
①の課題(悩み)を整理したうえで、どういった職場だったらこの悩みを解決できるか考えてみましょう!

③求人を探す方法を幅広く把握する

例:求人サイトで探す、プロに探してもらう、歩いて探すなど

オチャッピー
オチャッピー
②で考えた理想の職場に合致する求人を探すことで、転職の成功率がアップします。もし明確に理想的な職場像が見つかった方は求人サイトで求人を探してみましょう。

求人サイトで探しても、見つからない、情報が少なくてわからないといった場合は転職エージェントがいる会社に相談してみるとよいでしょう。必ず相談に乗ってもらえる会社があるはずです。

もしも「①悩み」や「②理想の職場像」が自分でも整理できない場合も転職会社に漠然と相談してみてもよいと思います。

転職に失敗する最も多い原因は、上記の①②が整理されないままあ、闇雲に転職してしまうことです。これをやってしまうと現在の職場の方がマシだった。。。となることが大変多いです。考えが明確になっていないまま転職活動を行うと、結局消去法で決めてしまったり、重要なことを確認しないまま転職してしまうことのないように気を付けましょう!

転職前に整理したい課題と改善プラン例

転職前に自分の考えを整理する方法として、具体的な課題と解決案の組み合わせ事例をいくつかご紹介します。この中で優先度を付けて、これだけは譲れないというものを最後までしっかり守って転職すると、現在の職場よりもよい転職ができると思います。

課題(悩み) 解決条件(理想像)
人間関係が悪化 職場環境をリフレッシュしたい
夜勤が体力的にしんどい 日勤のみにしたい
収入に不満がある 給与が高い施設にしたい
フルタイムで働けない 派遣やパートで働きたい
患者に対する責任が重い 同業種でポジションを変えたい
休みが取りづらい 休暇取得促進している施設にしたい
仕事がつまらない ジョブチェンジしたい

この解決策を満たすことを目標に据えて、転職活動を行いましょう!

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護師転職サイトと転職エージェントを実際に使ってみておすすめ順にまとめました。

看護のお仕事

看護のお仕事の画像

おすすめ度:

看護のお仕事はレバレジーズさんが運営するサイトです。タレントに杏さんを起用しています。※今は別の人に代わっています。求人情報も多く非常に見やすいサイトです。ナースときどき女子やハテナースなどの読み物系コンテンツも面白いです。

私が看護のお仕事を使ってみた感想

ヨシミン
ヨシミン
登録したらすぐにショートメッセージサービスと電話がかかってきました。非常に感じの良い担当さんでいろいろと雑談させていただきました。希望の仕事内容も理解していただけたので、求人のご紹介をいただく内容も、希望通りのものを推薦していただけました。
ミーヤン
ミーヤン
最初に転職した時に利用したのは、看護のお仕事でした。私の担当は男性の方で、実際に看護のお仕事はされたことがないらしく、仕事内容の細かなところまでは理解してもらえませんでしたが、親身に接してくださったので他の会社よりも好感が持てました。
実際に登録して相談してみると、私の担当の方が施設の詳細情報に詳しく、職場環境面や寮が空いているかなど内部事情を教えてくれるため参考になりました。

看護のお仕事へ

マイナビ看護師

マイナビ看護師の画像

おすすめ度:

人材業界大手のマイナビさんが運営する看護師専門転職エージェントです。情報をたくさんもっていて、紹介ミスマッチを防ぐための運営姿勢があるのが特長で非常に信頼できるサービスです。

私がマイナビ看護師を使ってみた感想

ミーヤン
ミーヤン
私は実際にマイナビ看護師さんの登録面談(任意)に行きました。約1時間半でしたが、担当さんと色々話しているうちに、病院施設の状況や介護施設の看護体制など、さまざまなデータからおすすめの職場を一緒に探してもらえました。非常に信頼できる求人紹介をしてもらえましたのでとってもおすすめです。
マイナビ看護師さんは実際に担当の方と会って、こちらの要望をはっきり伝えられます。全国で開催している出張説明会などで担当さんに会うことができる点で、しっかりとした対応を行っていると感じました。
オチャッピー
オチャッピー
マイナビ看護師は転職業界内でも珍しく、実際に会って面談するように勧められます。人材会社は仕事内容と求職者情報の双方を、いかに正確に伝えられるかが重要です。その点を重視しているマイナビさんが非常におすすめです。

マイナビ看護師へ

ナース人材バンク

ナース人材バンクの画像

おすすめ度:

ナース人材バンクは、看護師転職サービスでは有名なエス・エム・エスさんが運営しています。かなり昔からサービスを継続しているため業界トップの実績があるサービスです。

私が実際に使ってみた感想

ミーヤン
ミーヤン
よく利用する看護師向けの情報サイトナース専科を運営しているのもこのエス・エム・エスさんですね。看護師の仕事のことをよく理解している方が営業で担当してくれたためいろいろ相談できました。特にジョブチェンジについても詳しく教えてくれましたよ

大手企業だからこその信頼感

オチャッピー
オチャッピー
エス・エム・エスさんは業界でもトップクラスの実績があることもあって、あまり無茶苦茶で強引な転職を進めてきたり、しつこく電話してきたりしないのでゆっくり転職活動したい人にはおすすめです。

ナース人材バンクへ

MCナースネット

MCナースネットの画像

おすすめ度:

私がMCナースネットを使ってみた感想

MCナースネットは、社長が医師免許を持っているメディカル・コンシェルジュが運営しているサイトです。人材紹介事業だけでなく医療系コンサルティングなど幅広いビジネスを行っているようです。社員数も300名以上いるので、医療に強い会社として信頼できる転職エージェントです。

ミーヤン
ミーヤン
私の担当さんは、元看護士として勤務していた経験があってか詳しい仕事内容の会話が出来て要望を理解してもらえたと感じました。転職には至りませんでしたが詳しい担当者に当たれば非常に信頼できると感じました。
修学旅行などに同行する「ツアーナース」や外資系企業特集・「治験コーディネーター」など幅広く面白いジャンルの求人を一覧で紹介したりしています。派遣も数多く求人があるので、特定の施設形態やジャンルにこだわらない転職をお考えの方におすすめです。

MCナースネットへ

ナースジョブ

ナースジョブの画像

おすすめ度:

ナースジョブは札幌に本社を置くメディカルジョブセンターさんが運営するサイトです。ナースジョブさんも親切丁寧に対応してくれることで評判が高いサービスです。

私がナースジョブを使ってみた感想

ヨシミン
ヨシミン
実際に登録しただけで転職には至りませんでしたが、医療施設や介護施設の仕事に詳しい方が相談にのっていただけたので好印象でした。

ナースジョブへ

医療ワーカー

医療ワーカーの画像

おすすめ度:

私が医療ワーカーを使ってみた感想

ヨシミン
ヨシミン
医療ワーカーさんは大阪が本社で全国展開をしている人材紹介会社さんで、今著しく成長している会社です。とにかくエージェントさんのパワーがすごくて、親切な方だとレスポンスが早くて熱意を感じました。評判では電話やSNSがしつこいと言われていますが、私の担当さんはそんなことはなく看護師の職業についても詳しい方が担当してもらえました。

もし担当者があまり良い方でなければ、積極的に担当者の方を変更してもらいましょう。大手企業なので1地域に複数人の担当者がいらっしゃいます。変更を言いづらい方は、SNSで送られてくる他の方のメッセージに反応してみるとよいと思います。

医療ワーカーへ

ジョブメドレー

ジョブメドレーの画像

おすすめ度:

転職エージェント経由ではなく、直接施設に応募する形式のサイトになります。転職エージェントを介すのが嫌な方はおすすめです。逆に面接日の調整や給与交渉はすべて自分で行うことになります。

私がジョブメドレーを使ってみた感想

ヨシミン
ヨシミン
ジョブメドレーさんは登録すると匿名スカウトが届くことが特徴です。事業所側には氏名などを伏せてもらえるので安心です。また転職エージェントを介さずに直接施設に応募するのも特徴です。求人が見つからない場合は他の会社と同様に担当に相談することも可能です。
一部の求人では、その施設の360℃ビューが見れたりします。きれいな施設や働きやすい広々とした施設をお探しの方は、見学しなくてもよいので助かります。

ジョブメドレーへ

ナースではたらこ

ナースではたらこの画像

おすすめ度:

私がナースではたらこを使ってみた感想

バイトルで有名な株式会社ディップさんが運営するはたらこネットです。

ヨシミン
ヨシミン
規模が大きい会社なので看護系も求人を多く持っていらっしゃると思います。私はあまり条件の合うものがなかったので転職はしませんでした。
一部の求人情報詳細ページでは、その求人施設のポイントが載っている場合があり、結構参考になります。気になる施設で検索してみてもし詳細があれば、詳しい担当さんがいる可能性が高いので実際に登録してみてもよいと思います。

ナースではたらこへ

ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師の画像

祝い金を強調している点が特長のジョブデポさんは、with Career株式会社が運営するサイトです。少数精鋭でしっかりとしたマッチングの質を重視しています。

実際にお祝い金をもらった感想

ヨシミン
ヨシミン
私はここで転職をしてお祝い金30万円振り込まれました。お金目当てではなく、たまたま担当の方がよい求人を進めていただけたのですが、お金が振り込まれた時は正直得した気分になりました♪

ジョブデポ看護師へ

美容 外科求人ガイド

美容 外科求人ガイドの画像

美容系に強い看護師紹介サービスです。新宿にあるエイムプレイスという会社が運営しています。病院ではなく美容系にジョブチェンジされる方にはおすすめです。

ミーヤン
ミーヤン
実際に登録して面談する際に、私の埼玉の最寄り駅までお越しいただきお話しすることができました。非常に話しやすい女性の担当者さんでした。美容系は未経験で自信がなく転職はしませんでしたが次回以降また相談してみようと思いました。

美容 外科求人ガイドへ

看護系転職サイトの賢い使い方

転職サイトをうまく使えば、転職の成功率が高まります。と言っても、転職サイトはものすごく多くて、種類もさまざま。。。どれをどのように使えばよいかを解説していきます。

転職サイトの違い

転職サイトは主に以下の5つの種類があります。

  • A:まったく費用が掛からない公共サービス(職業安定所)
  • B:掲載料あり従来型の直接応募求人サイト(求人掲載課金型)
  • C:掲載料なし応募数で報酬を支払う求人サイト(応募課金型)
  • D:掲載料なし成果報酬の直接応募求人サイト(成果報酬型)
  • E:掲載料なし成果報酬でエージェントを介する求人サイト(成果報酬型)

以下で詳しく解説します。それぞれの特性を踏まえて活用することをお勧めします。

A:まったく費用が掛からない公共サービス(職業安定所)

これはいわゆるハローワークのことです。ハローワークは厚生労働省管轄労働局が運営する機関ですべて求人者(病院施設など)と求職者双方で無料の公共サービスです。2020年1月からハローワークのサイトも新しくなりました。現在の特徴は以下になります。

  • すべて無料
  • 離職中などで条件を満たせば失業給付金ももらえる
  • 求人サイトの検索が依然として使いづらいまま
  • 求人情報の内容は厳しくチェックしているので信頼性は抜群

 

B:掲載料あり従来型の直接応募求人サイト(求人掲載課金型)

求人者(病院施設など)は転職サイトに掲載料を支払って求人を掲載する形式の転職サイトです。特徴は以下になります。

  • 求人を掲載するだけで求人者は転職サイトに求人掲載料を支払う
  • 求職者が入職しても求人者には追加コストがかからない

このパターンの例:とらばーゆ/求人ボックス/インディードなど

C:掲載料あり従来型の直接応募求人サイト(応募課金型)

求人者(病院施設など)は転職サイトに応募件数に応じて報酬を支払う形式の転職サイトです。特徴は以下になります。

  • 求人掲載料は基本無料
  • 応募数に応じて求人者(施設)側は転職サイトに費用を支払う
  • 求職者が入職しても求人者には追加コストがかからない

このパターンの例:e看護転職(応募1件20,000円)など

D:掲載料なし成果報酬の直接応募求人サイト(成果報酬型)

求人者(病院施設など)は無料で求人をサイトに掲載できる代わりに、入職したら成果報酬を2~10%払う仕組みのサイトです。特徴は以下になります。

  • 求人掲載料は無料
  • 基本、転職エージェントを介さないで直接応募
  • 求職者が入職すると求人者は紹介手数料として2~10%を転職サイトに支払う

このパターンの例:ジョブメドレー/コメディカルドットコムなど

E:掲載料なし成果報酬でエージェントを介する求人サイト(成果報酬型)

転職エージェント会社で多いのがこのパターンです。

  • 求人掲載料は無料
  • 直接応募ではなく、転職エージェントが必ず仲介する
  • 面接設定や給与交渉などもすべて転職エージェントが行う
  • 求職者が入職すると求人者は紹介手数料として20~30%を転職エージェントに支払う

このパターンの例:看護のお仕事/マイナビ看護師/ナース人材バンクなど

各サイトの登録方法

看護師の転職サイトの登録方法は無料で条件がなく、以下の情報を登録フォームに入力して送信するのが一般的です。

  • 転職希望時期
  • 勤務形態(常勤/非常勤/派遣…)
  • 保有資格
  • 氏名/住所などの個人情報

その他電話でも受け付けを行っています。夜勤の方向けに24時間電話応対している転職会社(看護のお仕事)もあります。

連絡方法

転職エージェントとの連絡方法は以下が主流です。

  • 電話
  • Eメール
  • ショートメッセージサービス
  • LINE(一部のみ対応)

最近ではメールよりも携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で連絡をしてくる転職エージェント会社が多くなりました。ただし、03-xxxなどの固定電話からのSMS連絡は大抵の場合返信しても何も連絡がありません。システムの都合で固定電話の場合は一方的に送るだけの機能しかない場合があります。でも090-xxxなどの携帯電話番号で送ってきたものは、担当エージェントが自分の会社携帯で送っているケースが多いため普通にチャット会話ができます。

よい転職サイトを見つけるコツ

転職サイトでまずやることとしては、ご自身が通える地域を指定して求人を探してみてください。納得できる求人を自分で見つけられればよいのですが、見つからない場合はエージェントに相談することを前提に、3社程度の転職会社に登録だけしましょう。あまり多く登録すると似たような求人紹介で溢れかえるので、まずは3社がおすすめです。

登録後は転職会社の担当者からすぐに電話が来るので、自分の状況や課題、希望などを伝えてよい求人の提案をもらいます。その際1社からの提案を受けると偏ってしまう場合があるので3社くらい登録するのがベストです。

転職までにやることシート

以上のことを前述のポイントも踏まえてチェックシートを作成しておくと自分の考えがブレずに転職活動を行うことができますので活用ください。

転職希望時期は?(例:1、2か月など)
勤務形態は?(例:常勤夜勤など)
通勤時間やエリア範囲は?(例:車通勤OKなど)
現在の悩みは?(例:有給が取れないなど)
絶対改善したい点は?(例:年収、勤務時間など)

看護師転職エージェントを利用するメリット

  • 非公開求人も紹介してくれる
  • 給与交渉も代わりにしてくれる
  • 面接対策などのアドバイスがもらえる
  • 面接スケジュールや内定の催促なども代行してくれる

利用する際のデメリット

  • 募集した事業所側は紹介手数料の費用負担が必要。自主応募だと紹介料がかからないため自主応募の方が採用を優遇される
  • 決まらなかったときに断るのがやや面倒

転職エージェントは、人によって当たり外れが多いため、5社程度登録して求人紹介の提案を複数受けて比較してみるとよいでしょう。一番丁寧で具体的な求人提案をしてくれる人に巡り合うとよいですね。

エージェントの良し悪し

転職エージェントのしくみ

人材紹介業界はすべて職業安定法のもとで厚生労働省から認可された会社が行っています。

転職エージェントのしくみ図

紹介会社の特性はさまざまですが、会社だけではなく、担当者レベルで当たり外れが多いのが現状です。

よい担当者のケース

  • 仕事内容や業界に詳しい
  • 相談に乗ってくれるホスピタリティがある
  • 連絡スピードが速い
  • 幅広い求人情報を持っている
  • 給与交渉を代行してくれる
  • 履歴書や面接のアドバイスをしっかりくれる

悪い担当者のケース

  • 複数人から電話が1日10回以上かかってくる
  • よい求人を紹介してくれない
  • 気が進まなくても転職するように強引に言ってくる
  • そもそも看護の仕事に詳しくないから話が通じない

転職エージェントの裏側

転職エージェント会社は営業ノルマが課せられており、達成するためにこちら側のことよりも自分(自社)の利益を優先してしまう担当者がたまにいます。

これはノルマ以外にも営業成績のインセンティブ報酬を受ける目的で転職を進めてきたりするケースもあったりしますので、そういう営業会社はお断りしましょう。

オチャッピー
オチャッピー
元転職エージェントの私言えることは、会社で選ぶのではなく、担当者単位でよく観察するのが必要です。ノルマやインセンティブ報酬はほとんどの会社であるため、すべての会社で注意が必要です。

実際に私たちが体験した悪い例のエピソード

ヨシミン
ヨシミン
お勧めされた求人の面接を受けて内定をもらったが、1件目だったのでもう少し他にも探したいとお願いしたら、1件目で決めるように強引に迫られた。
ミーヤン
ミーヤン
希望の施設を探して、求人がないか調べてほしいとお願いしたところ、その病院は定員が満たしていると言われました。他のサイトでも求人が出ているので、直接病院に応募して問い合わせてみると、絶賛募集中で嘘をつかれていたことがわかりました。その後は電話に出るのが嫌になり着信拒否状態です。

よい転職エージェントに巡り合うコツ

転職サイトの応募フォームに、要望をできるだけはっきり書きたいところですが、最近は応募フォームに詳細コメントを書く欄がないため、担当してもらいたい転職エージェントの要望を伝えづらいです。最初に電話してきた方に以下の内容をお伝えするとよいでしょう。

伝えるべき要望例

  • 「看護の仕事に詳しい担当者にしてほしい」
  • 「求人や施設情報に詳しいベテランの担当にしてほしい」

上記の要望を伝えることができれば、詳しくない新米担当者がつく可能性は低くなります。是非お試しください。

 

この記事は私が書いています

オチャッピー
元看護系紹介会社勤務

ヨシミン
現役看護師

ミーヤン
現役看護師

私たちのプロフィール

参考:調査対象の転職サイト一覧

今回調査したのは以下38件の転職サイトになります。

サイト名 運営会社
マイナビ看護師 株式会社マイナビ
看護のお仕事 レバレジーズメディカルケア株式会社
ナース人材バンク 株式会社エス・エム・エスキャリア
MCナースネット 株式会社メディカル・コンシェルジュ
ナースジョブ 株式会社メディカルジョブセンター
医療ワーカー 株式会社TS工建
美容 外科求人ガイド 株式会社エイムプレイス
ナースJJ 株式会社カスタマ
ジョブデポ看護師 with_Career株式会社
ナースパワー人材センター ナースパワー人材センター
ジョブメドレー 株式会社メドレー
ナースではたらこ ディップ株式会社
看護プロ 株式会社ローザス
ナースエージェント 株式会社プロトメディカルケア
看護Roo 株式会社クイック
Nsキャリア エニーキャリア株式会社
メドフィット 株式会社Genten Links
ベネッセMCM 株式会社ベネッセMCM
ナースバンクキャリア 株式会社ITA
コメディカルドットコム セカンドラボ株式会社
ナース専科求人ナビ 株式会社エス・エム・エスキャリア
グッピー 株式会社グッピーズ
看護師求人EX 株式会社じげん
スマイルナース クラシス株式会社
スーパーナース 株式会社スーパーナース
医療21 医療21株式会社
ナースフル 株式会社 リクルートメディカルキャリア
e看護師求人 株式会社 ベストパーソン
とらばーゆ 株式会社リクルート
求人ボックス 株式会社カカクコム
ハローワーク 厚生労働省
インディード indeed